第11回翻訳コンクール最終結果発表

第11回翻訳コンクールにご参加いただきありがとうございました。二度の審査を経た結果、今回も最優秀者は該当者なしとなりました。

優秀者は以下の4名の方々です。おめでとうございます。

・伊藤 篤史(北海道)       ・嶋沢 峰子(オーストラリア)    
・高木 美香(北海道)       ・藤田 成子(埼玉県)
         
                       (五十音順・敬称略)

尚、前回同様今回は力が拮抗していたため、次点として以下の6名の方々を挙げさせていただきます。

・赤星 美樹(東京都)       ・朝比奈 文子(東京都)    
・河本 裕子(静岡県)       ・中村 雅子(東京都)
・丹羽 信一(北海道)       ・レイ(京都府)
       
                       (五十音順・敬称略)

本校では来年も翻訳コンクールの開催を予定しております。次回もまたご参加くださることを願っております。
また、第5回最優秀者・森田和子さんは現在訳出中、第7回最優秀者・酔ふ子さんの作品と、第8回最優秀者・鈴木景子さんの作品は来年刊行予定です。詳しい情報に関しましては、また改めてお伝えさせていただきます。予定より出版が遅くなり、楽しみにお待ちの皆様にご迷惑をおかけしていることを改めてお詫びいたします。

担当:青山万里子