第12回翻訳コンクール最終結果発表

第12回翻訳コンクールにご参加いただきありがとうございました。二度の審査を経た結果、今回も残念ながら最優秀者は該当者なしとなりました。

優秀者は以下の5名の方々です。おめでとうございます。

・伊藤 篤史(北海道)       ・齋藤 千春(北海道)    
・福森 典子(東京都)       ・藤田 成子(埼玉県)
・HAL90(北海道)
                            (五十音順・敬称略)


本校では来年も翻訳コンクールの開催を予定しております。次回もまたご参加くださることを願っております。尚、講評につきましては、12月7日(月)にお知らせさせていただきますので、今しばらくお待ちくださいますようよろしくお願いいたします。
翻訳コンクール担当:青山万里子


今年で連続三年、最優秀者は該当者なしとなりました。
主催者側としてもまことに残念です。一人でも多くの優秀なプロを世に送り出すためのコンクールですから。
しかし、これまでの経験から。拙速してもなんら意味のないことがわかりました。それは、仕事を頼む側、頼まれる側双方にとって大きな損失となるからです。
我々は今後とも、同じ趣旨と熱意をもってコンクールを続けてまいります。
皆様もどうぞめげることなく、ふるってご参加くださるよう切に願うしだいです。

インターカレッジ札幌 代表取締役 山本光伸